FC2ブログ
眉村卓「妻に捧げた1778話」を読んで

誤解を恐れずに書かせてもらえば、
著者の気持ちが分かる気がする。
最後の話になるほど、それ自体が自分自身の姿になっていくこと。
読み終えた後に、本の内容について何か思うのではなく、この本は、著者の心とすれ違えるほどの距離まで、わたしを連れて行ってくれた。そんな本だった。

「長い間ありがとうございました。
また一緒に暮らしましょうね」